HireVueを使った録画面接についてトラブル事例を含め調べてみた

以前よりWebを用いた面接は注目を浴びていましたが、昨今のCOVID-19の流行を契機に注目が更に集まっています。本記事では、大手メーカーを始め様々な企業で導入が進んでいるHireVue(ハイアービュー)について色々と調べてみたことをまとめていきます。

当ブログは、臨床開発職のための情報発信ブログになるため、所々製薬系のお話が出てきますが、他の業種の方にも共通する部分は多いかと思うので、是非ご覧下さい。

HireVue(ハイアービュー)とは?

HireVueとは?

HireVue(ハイアービュー)とは、米国のHireVue Inc.により開発された録画やライブ面接の機能を備えているクラウド型デジタル面接プラットフォームです。

日本ではタレンタ社が販売しており、面接の回答をAIにより分析する機能(HireVue Assessments)を搭載していることが特徴です。

HireVueは、世界800社以上の面接採用で導入されており、日本でも日本航空(JAL)や伊藤忠商事など大手企業の採用面接で使用されています。

また、30万人以上の就活生が使用しており、HireVueのスマートフォン・タブレット向け専用アプリの評価は4.1点/5.0点という高評価を得ており、面接システム関連のアプリの中でも最も高いユーザー評価スコアを獲得している注目のプラットフォームです。

HireVueの使用方法

HireVueの使用方法

HireVueの基本的な操作の流れは以下のようになります。

注意点については、※で記載してありますので、併せてご確認下さい。

HireVueの操作手順
①企業から受け取った招待メールの本文にある「練習または面接」を押す。
②HireVueのアプリが起動し、面接の問題のダウンロードが開始する。
※アプリをダウンロードしていない場合は、アプリのダウンロードページに移行します。
③面接の概要が表示されるため、内容を確認し「続行」を押す。
④「使用許諾」が表示されるため、内容を確認し「次へ」を押す。
⑤面接のヒントが表示されるため、内容を確認後、「次へ」を押す。
⑥開始ビデオが表示されるので、閲覧後、「続行」を押す。
「練習」「今すぐ開始」があるため、どちらかを押す。
※練習動画は保存されないため、選考には影響しません。
⑧「今すぐ開始」を押すと、面接の説明が表示されるため、確認後、「開始」を押す。
⑨課題と制限時間が表示されるため、内容を確認する。
⑩録画が開始される。
⑪録画終了後、「再録画」または「送信」を押す。
⑫選択問題や並び替えや筆記問題などが出題される場合もあるため、回答する。
※出題が無い場合もあります。
⑬終了動画が流れるため、閲覧後、「続行」を押し、完了。

また、上記の手順については、タレンタ社が出している動画でも確認することが出来ます。

実際の操作画面を見たい場合には、以下の動画もご参照下さい。

 

HireVue Assessments の仕様

HireVue Assessments の仕様

私が着目するHireVueの最大の特徴であるAI分析機能の「HireVue Assessments」について調査と考察をしていきます。

HireVue Assessmentsでは、採用企業や職種に必要と思われる知識・スキル・能力を定義して、就活生の適性をパラメーター化していきます。

評価の対象となるものは、以下のような項目が挙げられます。

評価の対象となる項目

言葉(TEXT)
音声(AUDIO)
態度(VIDEO)

タレンタ社のHPにある製品説明を見ると、上記について記載されているのですが、実は、「質問に対する回答内容」という項目が入っていません。

さすがにそこまでの分析にはまだ対応できていないのか、実は回答内容についても分析しているのかはよく分かりませんでしたが、質問の回答は言うまでもなく一番評価されている部分ですので、言葉や音声や態度にあまりにも気を取られすぎて内容があやふやになっては本末転倒です。

採用の場では、全く同じ就活生の面接をしたとしても、ある面接官は合格、ある面接官は不合格という結果となり、面接官によって評価のバイアス(偏り)が生じてしまうことがしばしばあります。

そのため、このバイアスを無くしなるべく平等に評価することは採用の場の課題の1つでもあるかと思います。

もっと言えば、合否の判断要素についてAIに判断してもらえば平等な判断をすることができるという期待があります。

そして、AIで判断される言葉・音声・態度というのは、社会人としての最低限の土台にあたるものと私は考察しています。

「しっかりと丁寧語で話すことができる」、「はきはきと喋ることができる」、「社会人としての態度で接することができる」…これはすべて社会人としてやっていくのに最低限必要な土台、そしてその土台については、定量化することが比較的容易なので、AIを使って分析をしてスクリーニングをする。そうすることで、人事の負担を減らすことが出来る。そのような思考なのかなと思っています。

もしそうであれば、AIによる分析は足切りとして使用され(●点以下は不合格)、合格点以上の就活生については、質疑応答の内容を精査している可能性が高くなると考えます。

そういう意味で考えれば、AIでの分析による評価は、ハードルはそんなに高く設定されていないのでしょうか(私の考えなので実際のところは分かりませんが…)。

HireVueを使用した際のトラブル事例

HireVueを使用した際のトラブル事例

さてさて、Web面接についての対策をして、いざWeb面接にトライしたところでやってくるトラブルについて見ておきましょう。

昨今では、会社や取引先のミーティングでもZOOMやTeamsなどのWeb会議を使用する場面が多くなってきましたが、音声が出なかったり映像がうまく出なかったりと色々なトラブルに襲われることがあります。

HireVueを使用した際についても同様です。
Twitterなどで、実際にHireVueを使用した方の情報を見てみると、やはりトラブルについてのつぶやきが散見されました。

今回は、私の見る限りでのお話ですが、比較的多くの報告が挙がっていたトラブルについてまとめていきたいと思います。

アップロード時のトラブル

比較的多く見られたのが、アップロード時のトラブル。

HireVueで録画した動画をアップロードする際に、固まってしまうというようなトラブルになります。

このトラブルについては、HireVueのアプリを一度停止(強制停止)して、再度アプリを開いてアップロードすることで解決されるようです。

録画した動画については、デバイス(PCやスマホ)に残っているので、一度撮った動画が消えることは無いので、落ち着いて対処しましょう。

アップロードが出来なくて焦ると精神的にもよろしくないので、動画のアップロードの際には、以下の3点についても気を付けておくと良いでしょう。

動画のアップロード時に注意すべき点

電波環境が良い場所で操作する
HireVue以外のアプリを起動しない
動画が保存できる容量(150MB以上)を確保しておく

Wi-Fi接続下では、どうしても固まってしまうけど、携帯の電波に切り替えたら無事に送信できたという報告もありましたので、うまくいかない場合には試してみてください。

スマホの再起動という方法もあるので、上記でダメだった場合にはこちらも試してみてください。

使い方のトラブル

HireVueの使い方に関するトラブルの報告も少しですが見られました。

「カメラがうまく起動してくれない」とうことや「音声が認識されない」といったものになります。いずれも、HireVueのアプリの設定に不備がある場合があります。

以下の方法でカメラとマイクが有効になっているかを確認してみましょう。

iPhoneの場合

1. [設定]をタップ
2. HireVueのアプリを選択
3. [カメラ]と[マイク]をonにする。

Androidの場合

1.[設定]をタップ
2.[アプリと通知] をタップ
3.HireVueのアプリを選択
4.[権限] をタップ
5.[許可]をタップ
6.[カメラ]と[マイク]をonにする。

その他、カメラは起動したけど、外側カメラと内側カメラの切り替えに苦戦しているという方もいるようでしたので、本番前の練習撮影で色々としっかりと確認をしておくと良いでしょう。

録画中のトラブル

このパターンはあまり報告が無かったのですが、トラブルとしては考えられるため載せておきます。

HireVueのアプリの仕様上、「質問を表示⇒動画を撮影(一時的にスマホに保存)⇒送信」という形で進んでいきます。

録画面接中に関しても、インターネット接続がされており、接続が不安定になった場合は固まってしまうことも想定されます。

HireVueの公式サイトによると、そのような場合でも接続が切断されまでの情報は送信されているとのことですが、再起動をした場合は、面接がスキップしてしまい次の設問に移ってしまうとのことです。

もしそのようになってしまった場合の対応策については、公式には「応募先の会社に連絡することをお勧めします。」と書いてあります。

HireVue AssessmentsによるAI分析は、録画開始直後からスタートしているものと思われますが、録画が切断されてしまったタイミングによってはしっかりとAI分析ができない可能性も考えられます。

少々気まずいとは思いますが、もしそのようなトラブルがあった場合には、人事に相談をして指示を仰ぐのが無難でしょう。

社会人的にも報連相(報告・連絡・相談)というのは非常に重要です。

このような不測の事態が発生したときに人事にしっかりと報連相をすることができるのかについても見られている可能性がありますので、やはり人事への連絡は必要かと思います。

「もしかしたらうまく処理されていなかもしれない…」⇒「まぁ、良いか。。」という思考は危ないです。

また、このような考え方もできます。

HireVueのアプリを使っていて不具合が生じて人事に連絡をして、万が一、嫌なことを言われた場合、そのような企業へはこちらか願い下げということ。

本来であれば、このようなケースについては、人事が予めリスクを想定して、それに対する対応策を講じておくことが普通です(切断されてしまった場合は~して下さいと事前に指示を出しておけば就活生にとって親切な人事と言えるでしょう)。

つまり、注意事項を守って対応したにも関わらず不具合が起きてしまった場合は、あなたの責任は無いと言えます。

それでも、あなたに責任を負わせるようであれば、例えその会社に入社したとしても、いざというときに人事はあなたのことを守ってくれないでしょう。

なので、こちらから願い下げということです。

少々強い表現になってしまいましたが、要するに誠心誠意対応した人に対して不躾な対応を取ってくるようでは、その企業は人財を大切にしない会社なんだなと私なら思います。

実際にはそんな会社はほぼ無いと思いますので、不具合が発生したら勇気を持って人事に相談することをおすすめします。

案外みんな納得した出来ではない様子

無事に録画面接を終えた就活生のツイートもよく見かけるのですが、完璧に出来たという人はほとんど見かけませんでした。

凄く早口になってしまっていたり、正座で録画をしていて途中で足が痺れてもじもじしてしまったり、表情がカチカチで頭も真っ白になって何を話しているのか分からなくなったり色々です。

録画面接を終えたあとに、「全然ダメだったー」と思うこともあるかもしれませんが、案外みんなも同じなようなので、過度に落ち込みすぎることも無いのかなと思います。

それで、サイレントやお祈りを食らったら精神的ダメージは大きいと思いますが、そんなときには美味しい物でも食べて一時的にでも現実逃避しましょう!

録画面接での対策

録画面接を受けた就活生(22卒)の方々にインタビューをしてみたところ、「照明を使って少し明るめになるようにすると印象が明るく見える」や「パソコンのカメラと自分が座った時の目線を同じ位の位置に合わせると良い(PCが低ければ台などで少し高さを出すと良い)」などの意見が多く聞かれました。

照明については、高価な照明もありますが、ほとんどの方が3,000~5,000円付近の比較的安価な照明を使用していたため、そこまで高い照明器具を購入する必要はないようです。

以下のような、安価で明るさ調整ができ、スマホでの撮影にも対応している照明器具がおすすめです。

まとめ

私が就活をしていたときには、Web面接とかAIを導入しての面接などハイテクなことはしていない時代でしたが、今は本当に進化していて驚きです。

AIによる分析での評価は、採用側にとっては負担の軽減になりますし、就活生側にとっても平等に判断してもらえると思われるため、非常に有用な方法なのではないかと私は思います。

AIによって、話を聞くに値する就活生に時間を割いて、その人の能力に大きく影響する本質的な素質である意欲・考察・頭の回転力をじっくりと判断してもらうことができれば、本当の意味で実力のある就活生が採用されることになってくるのでしょうね。

その他、録画面接でよく課題として出される自己PRについての記事も別途まとめてありますので、よろしければそちらもご覧ください!