シリウスからWordpressに引っ越しする方法は?当ブログの仕様についてもご紹介

先日ようやっとシリウス(Sirius)からWordPressの賢威への引っ越しに着手できました。

シリウスからの引っ越しについてはあまり記事が無く色々と苦労をしたので、今回は自分用の備忘録も兼ねて記事を作成することにしました。

ブログの設定についても触れているので、同じ悩みを持っている方がいらっしゃったら少しでも解決の糸口になれば嬉しいです。

シリウスからWordPressに引っ越しをした理由

私は複数のサイトをシリウスで運用をしていたのですが、色々な理由がありWordPress(賢威8)に引っ越すことに決めました。

理由は小さいことを含めればたくさんあるのですが、ここでは主な理由について紹介をしたいと思います。

Google AdSenseの運用を開始しかったから

引っ越しのきっかけはサイト運用方針の変更でした。

私は、複数のテーマのサイトを運用していたのですが、主に収入源はASPApplication Service Provider)によるものでした。

今までは、取り扱うテーマ的にASPのみで問題無く運用ができていたのですが、最近は公私ともに忙しくなってきたため、テーマを「治験」に集中する方針に変更したことにより、そうもいかなくなってきてしまったのですね。

「治験」とASPは現状、親和性があまりよろしくない状況ですので、ASPからGoogle AdSenseに照準を切り替えることにしたわけです。

そして、Google AdSenseの審査に挑むことになりますが、「治験」はGoogleYMYLYour Money or Your Life)に該当するページのため、審査が厳しく苦戦を強いられることになりました。

YMYLとは?

Googleにより「将来の幸福、健康、経済的安定、人々の安全に潜在的に影響を与えるページ」として規定されているページで、より高品質な記事を求められている領域です。そのため、検索順位等を考えると難易度が高いジャンルになります。

既存の記事を審査用に書き換えるのは物凄い労力になるので、いっそのこと新しいブログを開設して記事を厳選して審査を通してから記事を移行することにしたため、引っ越しすることになりました。

Google AdSense対策については後述しているので、詳細はそちらをご確認ください。

カスタマイズが豊富であったから

Google AdSenseへの移行が大きな理由でしたが、シリウスから引っ越した理由はそれ以外にもあります。

その1つがカスタマイズのしやすさです。

シリウスにはプラグインが無かったので、カスタマイズをする際にはCSSHTMLを自身で書き換える必要がありましたが、WordPressの場合はプラグインが豊富にあるため、カスタマイズが容易にできる点に魅力を感じていました。

また、テンプレートの子テーマも用意されており、親テーマがアップデートされたとしてもカスタマイズは残るため、嬉しい仕様です。

実際にWordPressを使ってみてプラグインの凄さを実感しました。

代行作業を依頼しやすいから

シリウスは、ソフトをPCにダウンロードする形式ですが、WordPressはクラウド上での管理のため、他の方に作業を代行でお願いすることもできます。

シリウスの場合、作業の代行は出来ないこともありませんが、対応してくれるところは物凄く少ないため、高価になってしまったり、あるいは代行不可となってしまうケースも多々ありました。

私の場合は、記事は全て自分で書いていますが、ブログ内のカスタマイズで専門知識が必要な部分は外注することがあるので、そのようなときにシリウスよりもWordPressの方が良いと感じたのも大きな理由です。

アップロード時間が長くなってきたから

シリウスは、量産型のサイト作成に強みがあるため、1つのサイトで規模を拡大することに比例してどんどんアップロードの時間が長くなっていきます。

今まではある程度分散してサイトを運営していたため、それ程大きな負荷にはなっていなかったのですが、今後は治験の話題にフォーカスして運用を一本化しようと考えていたので、そうなるとサイト規模が大きくなってもアップロード時間が長くならないWordPressの方が使い勝手が良いだろうという結論になりました。

SEO的に有利だと感じたから

これはWordPressへの引っ越しというよりは、賢威(WordPressのテンプレートの1つ)への引っ越しと表現する方が正しいかもしれません。

明確なエビデンス(根拠)があってのことではないのですが、SEOについて色々と調べていると賢威の評判がとても良かったので、賢威を使ってみたいなと思ったのもきっかけになります。

これはしばらく運用してみないと分からないので、今後に期待しています。

シリウスからの引っ越し手順

色々とネット上を調べてみると、ドメインを変更しない場合の情報が結構あったのですが、私みたいにドメインを変更しての引っ越しの情報があまり出てきませんでした。

SEO的には、ドメインを変更しない方が良いのですが、私はGoogle AdSenseの審査を通すことが大前提だったため、止む無く変更しました。

YMYLのテーマで運用しており、かつ途中からGoogle AdSenseの運用に切り替えるというパターンのため、少々特殊なのかもしれません。

新ドメイン取得

ConoHa_TOP画面

サーバーも色々試したかったので、良い機会だと思い、近年流行り?のConoHaで契約することにしました。

まだ使って浅いですが、WordPressとも相性が良いようで、ConoHa経由でサクッとWordPressのインストールを完了することができました。

料金プランも安い割に安定した性能を出してくれているので、今のところは問題無く運用が出来ています。

そして、新ドメインも無事取得完了。

SEOに大きく影響することになるであろうhttpsについてもデフォルトで設定されていたので、その点も安心できました。

Google AdSense準備

Google AdSenseの審査を通すため、無難な内容の記事(死亡や自殺については触れない等)と審査に必要な記事(お問合せフォーム、運営者情報、サイトポリシーなど…)を準備して審査を通しました。

サラッと書きましたが、AdSenseの審査になかなか通らないということもあるようなので、どうしても難しい場合は、ココナラなどで代行というのもありかと思います。

シリウスのGoogle AdSenseの審査代行はあまり無いですが、WordPressなら多くの方が代行を募集されているようでした。

記事の移行

Google AdSenseの審査が通ったら、シリウスからWordPressに記事を移行していきます。

私の場合は、記事を11つしっかりと確認しながら、移行をしていきたかったので、11つを301リダイレクトで飛ばす方法を取りました。

SEO的にも過去の評価を引き継げるため、301リダイレクトの設定は必須かと思います。

シリウスで301リダイレクトを設定するには、「サイトオプション」にある「.htaccess」から行います。

Sirius_.htaccess

.htaccessへの入力方法

引っ越し元のアドレス⇒https://chikennochikara.com/shuukatsusei/shuukatusei_03.html

引っ越先のアドレス⇒https://chikennochikara2.com/123/

上記の条件の場合は↓のように入力します。

Redirect 301 /shuukatsusei/shuukatusei_03.html https://chikennochikara2.com/123/

この作業は力業なので、記事が多い方は大変かもしれません。

時間がかかる作業なのでこの部分を代行されたというお話もちらほら聞きます。

当ブログのカスタマイズ

ここまでで、シリウスからWordPressへの引っ越しについてお話をしてきましたが、ここからは当ブログのカスタマイズなどについて紹介をしていきます。

私自身、CSSなどについて詳しい訳ではないのですが、素人なりに試行錯誤したので、そのつもりでご覧いただければと思います。

ちなみに、Wordpressのテンプレートは賢威8を使用しています。

ロゴ

治験のチカラlogo

当ブログでは、404×106のロゴを使用しているのですが、デフォルトの設定では、そのままアップロードしただけでは、スマホで見た際にロゴがぼやけてしまい見栄えがかなり悪い状態になってしまいました。

そこで、「追加CSS」に以下のコードを書き込みました。

「追加CSS」は「外観」⇒「カスタマイズ」を選択すると見つかります。

ロゴ調整のCSS

/*ロゴの大きさ調整*/
.keni-header .site-title, .keni-header_col1 .site-title {
float: none;
max-width: 60%;
text-align:center;
}

デフォルトでは横幅が100%となり、画像が引き伸ばされてボヤけることが分かったので、良い感じのサイズに調整をしました。

「60%」はお好みで数値を変えてみると良いかと思います。

トップ画

当ブログのコンセプトとして、「治験」というテーマを、一般の方、就活生・転職者の方そして実際に業界で働いているプロの方向けに情報発信をしています。

そのため、それぞれのイメージに合ったトップ画を用意し、スライダー形式で設定することにしました。

サイズは、PC用として1200×367、スマホ用として1300×900の画像を用意して配置しました。

見栄えについては、当ブログのトップ画を見ていただければと思います。

検索機能

当ブログでは、日常業務での情報に加え、勉強会やTwitterの情報を参考にすることもあります。

ふとしたときに、「これってどうなんだろう」と調べてもらえるようにブログには検索機能を付けてあります。(賢威8にはデフォルトで付いてます)

治験のチカラ_検索

ネットで検索をするような感覚でブログ内の記事を検索できるので、将来的には何か調べ物をするときにも使えるようなレベルまでブログの完成度を高めていきたいと思っています。(目標!)

見出し

デフォルトの見出しをそのまま使うのでも問題はありませんが、デザインがあまり気に入らなかったため、実質的に使用するH2~H4までの見出しをカスタマイズしました。

「追加CSS」でデフォルトの見出し設定を無効化したうえで、見出しのCSSを紹介しているようなサイトで気に入ったCSSを「追加CSS」にコピペすれば完成します。

見出しの紹介サイトでは、「h2」等と仮で入力されていると思うので、その部分を自分のブログで使いたい見出しに書き換えて「追加CSS」に記載します。

見出し無効化のCSS

/*h2~h4を無効化する*/
.article-body h2 {
background: transparent!important;
color: #000;
}

.article-body h3 {
border: none;
color: #333!important;
}

.article-body h4 {
border: none;
color: #333!important;
}

これは、実際使用頻度の高いh4タグまでを無効化したCSSになります。

h5やh6が必要な場合は、付け足していけばOKです。

見出しのCSSについては「見出し CSS」などで検索するといっぱい良いサンプルを用意しているサイトがあるので、そこからお好みのものを「追加CSS」にコピペで完了です。

フォント・行間

賢威8の場合、デフォルトでは游ゴシックが優先表示になっています。

游ゴシックは個人的には少々見にくいので、メイリオを優先表示するよう仕様を変えました。

また、フォントの黒が薄く、行間がやや広めに感じたので、その辺りも「追加CSS」に以下のコードを記載してカスタマイズしました。

記事の文字の黒は、真っ黒ではなく目に優しいよう少し黒を弱めてみました。

行間・フォントのCSS

/*行間*/
.keni-main {
letter-spacing: .025em;
font-size: 1.6rem;
line-height: 1.7em;
}

/*改行したときの行間*/
.article-body p {
margin-bottom: 1.8em;
}
/*フォントの基本色*/
body{
color: #333333;
}

/*フォント*/
body,
input,
textarea{
font-family: ‘メイリオ’, Meiryo, ‘Yu Gothic Medium’, ‘游ゴシック Medium’, ‘游ゴシック体’, ‘Yu Gothic’, YuGothic, ‘ヒラギノ角ゴシック Pro’, ‘Hiragino Kaku Gothic Pro’, Osaka, ‘MS Pゴシック’, ‘MS PGothic’, sans-serif;
}

行間については、emで規定されている部分を調整することで、お好みの幅にできます。

こちらにある設定をそのまま追加CSSに書き込むと当ブログの行間になるので、ご参考にどうぞ。

まとめ

色々とこだわりシリウスからWordPressに引っ越しをしましたが、WordPressについてはまだ使い始めたばかりなので、使いやすいことも使いにくいこともこれからどうなるのか楽しみです。

ただ、個人的な感想では、CSSHTMLにあまり詳しくないのであれば、いざとなったときに助けを求められるWordPressの方が安心できるかなという印象です。

今回は、備忘録的なことも兼ねて記事を書いていますが、シリウスからWordPressに引っ越しを考えている方の参考になれば嬉しいです。

番外編

ここからはカスタマイズのお話とは外れるのですが、当ブログ「治験のチカラ」のコンセプトについて少し触れてみたいと思います。

ブログの目的

私は医薬品開発のお仕事をしており、「治験」に関する業務が専門です。

日本では、「治験」はまだまだ認知度が低く、場合によっては「人体実験」や「闇バイト」など負のイメージを抱かれてしまっている現状もあります。

そんな治験を世間の方々にもっと知ってもらい、そして正しい知識を持ってもらって日本の医薬品開発をもっと活性化したいというのが私の思いです。

治験に対する悪いイメージが払拭されれば、より早く治験が進み、結果として患者さんの元にいち早くお薬を届けることが出来ます。

そこで、当ブログでは、幅広い層の方を対象に記事をお届けしていきます。

「なんだか治験って怪しくない?」と思っている方も、医薬品開発の現場で働く人がどのようなことを考えどのような仕事をしているのかを覗いて見るのも良いのではないでしょうか?

きっとご想像されているより怪しくない仕事をしていると感じていただけると思いますよ!

一般の方向けの記事

治験のチカラPC用TOP1

治験の疑問などをなるべく分かりやすい表現で説明することを心掛けて記事を作成しています。

治験に参加するための情報も時々掲載していますが、治験に参加するときに疑問を持ちやすいことについての記事が中心になります。

一般の方で、そもそも治験に対してネガティブなイメージがある方は、是非、下にご紹介している2つのカテゴリーも覗いてみてください!

私たちは日々全力で医薬品開発に取り組んでいます!

就活生・転職者向け

治験のチカラPC用TOP2

就活生・未経験転職者用の記事では、医薬品開発に携わるCRAやCRCがどのような仕事をしているのかを知ってもらうための記事を中心に書いています。

「治験が怖い」という世間からのイメージを払拭する1つの対策として、治験そのものに対しての質を上げて信頼してもらう必要があると考えています。

そして、質の高い治験を行うには質の高い開発者が必要です。

そこで、当ブログでは医薬品開発の世界を目指す就活生にもなるべく質が高く、良い部分も悪い部分も包み隠さず情報を発信していきたいと思っています。

しっかりとした知識を持った上で臨床開発職になることで、入社後のギャップをなるべく減らし、モチベーションの高い開発者で溢れることを夢見ています。

面接の対策や企業研究記事などより具体的なお話についても触れているので、本気で臨床開発職を目指したい方には是非ご覧いただきたいです。

プロフェッショナル向け

治験のチカラTOP3_PC用

プロフェッショナル向けは、実際に医薬品開発の場で働いている方向けの記事になります。

医薬品開発は、メーカー、CRO、医療機関、SMOそれぞれが切磋琢磨することで高い品質が保たれています。

日々刻々と変化する業界であるため、業界に入ってからも知識のアップデートは欠かせません。

その為、このカテゴリーでは、業界で現役で働いてる方向けのハイレベルな記事を中心に取り扱っていきます。

また、現役で働いていくには苦労も付き物です。

勉強だけではなく、仕事のコツや考え方など、実際に働いていく上で必要な情報についても取り上げていきます。

まとめ

リアルの業務の状況次第で記事の更新が遅くなってしまうこともありますが、皆様の役に立つような記事、楽しめる記事をこれからも書いていきたいと思いますので、よろしくお願いします!